Windowsでの開発関係の技術日誌

WSL2とは?

WSLとはWindows Subsystem for Linuxの略で
Windows上でLinuxを動かすことができるMicrosoftが提供する機能。
最初にリリースされたWSL(以降WSL1と呼ぶ)と新しく提供されたWSL2が存在する。
WSL1もWSL2も実際のLinuxディストリビューションはMicrosoft Storeからダウンロードして使うことになる。
Linux環境とは言っても原則的にはShellによるコンソール操作のみで
GUIを動作させるには別途X-ServerをWindows側に用意する必要がある。
LinuxのGUIを使いたい場合はHyper-VやVirtualBox、VMWareなどを使ったほうがいいかもしれない。

WSL1とWSL2の違いは?

WSL1はLinuxの実行環境をLXCoreというサブシステムが提供していてLinuxのシステムコールをWindowsAPIの呼び出しに変換して動作していた。
その為機能に制限が多数存在し動作も遅いという問題もあった。

WSL2ではハイパーバイザーにより仮想マシンとしてLinuxカーネルを動作させている完全なLinux実行環境となる。
実質、Hyper-V上でコンソールのみで動作するLinuxをインストールしたのとほぼ同じようなものとなる。

ここではWSL2をインストールして使ってみる。
なお、Linuxの基本知識はあるものとする。

(さらに…)

Windows Terminal とはマイクロソフト社が開発しているコンソールアプリケーションである。
コマンドプロンプトやWindows PowerShellに代わるコンソールアプリという位置づけで無料で使用することができる。
最大の特徴はタブで一つのウインドウで複数のコンソールを切り替えて使うことができる点とWSLとも統合されていること。

Microsoft Storeから簡単にインストールすることができる。

(さらに…)

VSCode(Visual Studio Code)はMicrosoft社が開発し配布しているエディタである。
同じくマイクロソフト社の開発環境であるVisual Studioとは名前は似ているが
全然別ものでエディタ機能に特化したものである。
無料で制限なしで使える上にプラグインで機能が追加できてプラグインも非常にたくさんの種類が有志により提供されている。
また動作も軽快で非常に人気がある。

(さらに…)

Gitはプログラムのソースコードのバージョンを管理する「バージョン管理システム」の一つ。
Linuxカーネルの開発者 リーナス・トーバルズ によって最初に開発された。
GitHubやGitLabの存在もありとくにオープンソースの世界では現在ではほとんどデファクトスタンダードとなっている。

GitのWindowsの実装である「Git for Windows」をWindowsにインストールする。

(さらに…)

Windowsの環境で*NIXと同じコマンドが使いたい。
というわけで生まれたのがCygwinである。
元々はシグナスソリューションが開発し現在はRedHat社配下。

(さらに…)

関連リンク