Windowsでの開発関係の技術日誌

WSL2とは?

WSLとはWindows Subsystem for Linuxの略で
Windows上でLinuxを動かすことができるMicrosoftが提供する機能。
最初にリリースされたWSL(以降WSL1と呼ぶ)と新しく提供されたWSL2が存在する。
WSL1もWSL2も実際のLinuxディストリビューションはMicrosoft Storeからダウンロードして使うことになる。
Linux環境とは言っても原則的にはShellによるコンソール操作のみで
GUIを動作させるには別途X-ServerをWindows側に用意する必要がある。
LinuxのGUIを使いたい場合はHyper-VやVirtualBox、VMWareなどを使ったほうがいいかもしれない。

WSL1とWSL2の違いは?

WSL1はLinuxの実行環境をLXCoreというサブシステムが提供していてLinuxのシステムコールをWindowsAPIの呼び出しに変換して動作していた。
その為機能に制限が多数存在し動作も遅いという問題もあった。

WSL2ではハイパーバイザーにより仮想マシンとしてLinuxカーネルを動作させている完全なLinux実行環境となる。
実質、Hyper-V上でコンソールのみで動作するLinuxをインストールしたのとほぼ同じようなものとなる。

ここではWSL2をインストールして使ってみる。
なお、Linuxの基本知識はあるものとする。

(さらに…)

関連リンク