Windowsでの開発関係の技術日誌

WindowsにVSCodeをインストールする

VSCode(Visual Studio Code)はMicrosoft社が開発し配布しているエディタである。
同じくマイクロソフト社の開発環境であるVisual Studioとは名前は似ているが
全然別ものでエディタ機能に特化したものである。
無料で制限なしで使える上にプラグインで機能が追加できてプラグインも非常にたくさんの種類が有志により提供されている。
また動作も軽快で非常に人気がある。

1.ダウンロードとインストール

事前準備として、
VSCODEはソース管理にGitを使うので
gitコマンドをあらかじめインストールしておくほうがいい。
でないとgitコマンドが見つかりませんと頻繁に聞いてくる。
WindowsでGitを使うを参照してgitをインストールする。

VSCODE本体はマイクロソフト社の公式サイトにアクセスして
使用するOSに応じたものをダウンロードする。

ダウンロードしたexeを実行してインストールする。
インストールするホルダー以外に特に設定しなければならないオプションはない。

Windowsのメニューから起動させるか
もしくはコマンドプロンプトなどで code と入力してEnterすると
Visual Studio Codeが起動する。

2.メニューなどの日本語化

メニューなどを日本語化する。
左端の「拡張機能」のアイコンを押し、
上の神作窓に「japanese」と入力すると一番上に
「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」
というものが出てくるのでそれをインストールする。
インストールが終わればVSCODEを再起動する。

メニューなどが日本語になっていればOK。

詳しい使い方などはここでは省略。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://uturo2.nevernothing.jp/vscode/trackback/

関連リンク